車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

ランクルの盗難被害が多発!?車の盗難被害調査結果を発表!あなたの車は大丈夫?

 

ランクルの盗難被害が多発!?車の盗難被害調査結果を発表!あなたの車は大丈夫?

f:id:satei_MAN:20220318001838j:plain

 

日本全国の盗難被害を受け、日本損害保険協会が「車の盗難被害調査」を公表しました。

調査対象になったのは、近年日本で起こった「車を盗む」「金品を盗む」とういう行為を調査した結果に基づいて発表されています。
※もちろんこれ以外にもカウントされていない車はあります※

 

最も多く被害にあった車の調査結果ですが、
・ランドクルーザー+ランドクルーザープラド 約300件
・プリウス 約250件
・レクサスLX 約150件
・アルファード 約100件
・クラウン 約80件
・ハイエース 約70件

上記が結果でした。

 

みて分かる通り、狙われる可能性が高いのは「トヨタ」の車ですね!!
盗難被害にあった理由は査定マンの考えだと、
・トヨタの車は高級な車が多く、金目の物を多く積んでいる可能性が高い事
・海外輸出向けの車が多く盗んだ車を海外に売れば足がつかない事
・乗っている人が多く、セキュリティの解除方法が出回っている事

以上の3点が挙げられると思います。

 

盗難理由①:高級な車が多く、金目の物を多く積んでいる可能性が高い

車を盗むドロボウも安い車や目立つ車を盗もうなんてバカはいないと思います。
せっかく犯罪を犯すのであれば、1回の窃盗で大きく利益が取れたほうがメリットがあります。

査定マンはやらないですが、ドロボウの気持ちになると、5万円盗んで捕まるより100万円盗んで捕まった方がマシだと考えるのだと思います。
これは勝手な考察です。金額によって捕まった場合の罪の重さが変わってくるのだとしたらメリットが有るのかどうかなんともいえないですね。

高級な車に乗っている人は財布を車内においているケースや駐車場のガレージがしっかりしているから安心と思い、鍵をつけたままにしているケースも多くあると思います。また、ゴルフをする人も多いのでゴルフバックをそのまま乗せている場合もあります。

お金がないのにらんくるなんて高額な車に乗る人はいませんよね?
羨ましい限りですが・・・。

 

盗難理由②:海外輸出向けの車が多く盗んだ車を海外に売れば足がつかない

映画なんかで見たことはありませんか?車を盗難して船に積み込んで海外に運ぶシーンを。
査定マンも仕事柄車を船に乗せて運ぶことはありますが、様々な国に日本の車は輸出されています。

に海外で人気なのが、盗難の最も多いランクルです。
他の盗難ランキングに入っている車両もすべて海外輸出向けといわれる車両です。

これも映画で日本の車に乗っている大富豪や田舎を走る日本の車を見たことがありませんか?目にしたことのある車はすべて日本から輸出されています。

盗難された車は車の車体番号(刻印)を消してから輸出されます。
車体番号というのは、車一台一台につけられたマイナンバーみたいなものです。
日本では車体番号を確認できない車は車検を受けることができず、道路で走れない車となってしまいます。

しかし、海外の場合は日本では2年に一回必ずある「車検」という制度がほありません。そのため車検証という考え方がなく壊れたら直す。ということで車をすべて管理できていません。(中東などの国)

新型のランクルだと日本で新車価格800万円くらいですが、海外で購入すると2,000万円くらいで取引をされています。

車を1台盗んで2,000万円も利益が取れるのなら犯罪に手を染めるのもうなずけます。
とはいえ犯罪なので絶対ダメですよ!!

 

盗難理由③:乗っている人が多く、セキュリティの解除方法が出回っている

これは自動車業界にとって非常に悩ましい問題です。
ランキングの中だと「ハイエース」が最も簡単に鍵を作ることができます。

理由は単純に鍵が簡易的なものだからです。車自体がバンなので鍵に全くこだわっていません。かつ需要が高いので狙い目にされているのだと思います。
査定マンの知り合いのカギ屋に聞いたところ、ハイエースであれば10分もあればエンジンをかけることが出来ると言っていました。
ドアを開けるのは1分あれば出来るようです。

また、セキュリティですが近年は近づいただけで開くカギやボタンを押すタイプなど様々なセキュリティの車が出回っています。

そんな電子制御ならカギなんて作れる訳ないでしょ!?
と思っていると思いますが、答えは「ノー」です。

最近の車のロックを解除する方法はPCを特殊な機械につないでランクルやプリウスの電子制御部分に繋げることで30分程度でエンジンをかけることができます。

そんな特殊な機械あるわけないでしょ!と思うかもしれませんが、車の普及や困った場合にカギ業者にお願いするケースは車に限らずありますよね?

そんなときのために海外では車のロックを解除出来るシステムをネットで販売しています。

金額は1車種に対して1つ300万円くらいです。
高い!!と思うかもしませんが、1つシステムを購入して1つランクルなどをと盗んで売却すれば1回でお釣りがきます。
そのため盗みをしている人間は単独ではなく、仲間内でシステムを購入して現場によって貸し借りを行っているのだと思います。

 

まとめ

・貴重品を車内に置かない
・ゴルフバックも下ろす
・ガレージであってもカギを必ず掛ける
・セキュリティをプラスで購入して車に装着する

上記を守ればあなたの車は盗難に合う可能性が低くなります。
一般の人は車をカギ無しで開けるのを見たことがないですよね?

査定マンは何度も現場でカギが無いのにカギ屋に車のカギを開けてもらった経験があります。
1度見るとこんな簡単にエンジンかかるの!?とびっくりするくらい早くカギが開きます。

あなたの車も車盗難の被害に遭わないよう、車のセキュリティを再度見直してはいかがでしょうか?
査定マンの車はボロボロだから誰も盗んでくれないと思います。。