車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

MENU

車買取金額を誰でも簡単に1万円アップさせる3つの方法とは?

 車買取金額を誰でも簡単に1万円アップさせる3つの方法とは?

f:id:satei_MAN:20210301231459j:plain

車の買取を依頼して査定をしてもらったけど、もう少し高い金額で買取をしてほしい。と誰もが思うことだと思います。

結論から言うと、「希望額を伝える」「リサイクル券」「自動車税+自賠責保険」の3つの質問を担当者に投げかけてもらうと1万円の買取額UPは簡単です。

年間1,000台の車の査定と買取を行っている現役中古車査定士の査定マンが実際の現場で1万円アップしたケースや、これを言われたら1万円は査定額をUPさせないといけないな。と思う事があるのでお伝えします。

実際今から伝える3つの方法を試した友人はトータルで3万円買取金額がUPしたので、是非最後まで読んで実践してみてください。

 

 

素直に欲しい金額を伝えて1万円アップ 

f:id:satei_MAN:20210301231506j:plain

これはそのままの意味です。中古車の査定をしていてほぼ100%の人が言うセリフがあります。それは「もう少し高く買い取ってもらえませんか?」という言葉です。

査定士の立場からすると全く根拠のない相談で、相場の金額も知らないのに高く買い取れる訳ないでしょ。と思ってしまいます。

10万円の買取金額を提示された車で、「もう少し高く・・。」といった場合は値上げできたとしてもせいぜい2千円程度の気持ちです。なぜなら交渉になっていないからです。

その場合は素直に欲しい金額を伝えてみましょう。

「実は次の車の頭金に15万円払うことになっているので、あと数万円、1万円でも良いので査定金額はあがりませんか?」

いかがですか?交渉に深みが出てきたのがわかりますか?数字を出して理由をつけることで、そういう理由ならなんとかしてあげなくてはいけない。という心理が働き値上げの理由付けがしやすくなります。

実際に査定をしている査定士も会社から言われた金額で購入をしなくてはならないため、会社に金額をアップさせるための理由を渡して上げるのが非常に有効です。

査定マンも「残債が320万円あるのでなんとかなりませんか?」と最近言われたことがありますが、320万という一つの基準ができたので会社に理由を説明して、査定額をUPさせた事もありますので、是非素直に話をしてみましょう。

中古車買取り担当も人間なので一番のオススメ方法です。

 

www.used-car.pro

 

リサイクル券の取り扱いを質問して1万円アップ

f:id:satei_MAN:20210301231503j:plain

そもそもリサイクル券というものをご存知ですか?車検証や自賠責保険、説明書、保証書などと一緒に車検証入れの中に入っているので、一度見てみてください。

リサイクル券とは、自動車購入時に事前に支払っている廃車にする際に必要なリサイクル料金の前払いになります。

そのため、リサイクル料金は車の買取金額とは別に考える必要があります。

でも、ほとんどの人がその事実を知らないので、リサイクル金という平均1万円前後の金額を相談なしに中古車買取店に渡してしまっています。

リサイクル券の料金を取り返すには、この質問を行ってみてください。
「リサイクル券は別ですよね?ディーラーさんは別の提示だったので」

これを言うと、中古車買取業者はドキッとするはずです。

中古車買取業者の回答として、
「リサイクル券込の料金ですよ」OR「はい。別にお支払いをします」という2つのケースになりますが、「リサイクル券込の料金ですよ」と回答をしてきた業者はなんの説明もなくリサイクル券の料金を回収しようとしている業者なので要注意です!!

この魔法の言葉を言うだけでリサイクル券の1万円前後が戻ってくる可能性が高いので、是非試してみてください。

ちなみに査定マンは必ず金額提示のときに「リサイクル券込の金額です」と伝えてます。金額をちゃんと伝えるのは社会人としてのマナーだと思っています。

 

 

自動車税と自賠責保険を確認して1万円アップ

f:id:satei_MAN:20210301231455j:plain

自動車税と自賠責保険に関しては、タイミングにもよりますが、ほぼ100%1万円以上お得になります。

査定金額がUPするのではなく、お得になる。というのがポイントです。

【自動車税に関して】
自動車税は4月~3月までの期間の税金を事前に支払う義務があるため、売却時のときは自動車税を支払った車を買取してもらうことになります。

例えば、自動車税が6万円で売却を8月にした場合、4.5.6.7.8月の5ヶ月分の税金は売り主が払う義務がありますが、9.10.11.12.1.2.3月分の7か月分3万5千円は買取店か県税事務所から返金をしてもらう義務があります。

そのため自動車税を支払っている事を伝えて、「自動車税還付の手続きをしてください」といってみてください。これだけで3万5千円は中古車買取店が支払うか、県税事務所より後日返金が行われます。ちなみに軽自動車は自動車税が戻ってこないので、普通車の場合のみの裏技になります。

 

【自賠責保険に関して】
自賠責保険は強制保険と呼ばれるもので車検の際に必ず支払いを行っているものになります。これは普通車も軽自動車も同じく還付されるので、「自賠責保険の還付を受けるので抹消OR名義変更をしたら車検証のコピーを送ってください」と伝えておきましょう。

あとは簡単です。売却前に自賠責証書のコピーをとっておき、車検証のコピーが送られてきた段階で、自賠責証書に書いてある電話番号に電話をして車を売ったので自賠責保険料を還付してほしい。と伝えてみてください。
これだけで数千円~2万円程度戻ってくると思います。

 

自動車税と自賠責保険は自分で伝えなくては対応してくれない業者が多いので必ず確認をするようにしてみましょう。こんな事を言わなくてもきちんと対応してくれる業者ばかりだと良いのですが、悪どい業者もたくさんあるので気をつけて下さい。

 

www.used-car.pro

 

まとめ

f:id:satei_MAN:20210301231458j:plain

・素直に欲しい金額を業者に伝える
・.リサイクル券の取り扱いを確認する
・.自動車税と自賠責保険を確認する

いかがでしたか?

どれも伝えればいいので、難しくないと思います。
これがすべて対応できれば時期によっては5万円程度実入りの金額が変わってくると思いますので、めんどくさがらずに是非やってみて下さい。

 

査定マンが対応した場合は事前に上記3つは伝えて金額を提示をしますが、恐らく中古車買取店の9割は説明をせずに車の査定から金額提示をしているはずです。

こういう大切な情報は開示してメリットのある提案をしなくてはいけないのに、
利益ばかりを重視する業者が多いので、あなたも気をつけてくださいね。

少しでも高い買取金額がつくことを願ってます。