車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

手洗い洗車のコツとは?中古車査定士が愛車をピカピカにする方法を伝授 

 
手洗い洗車のコツとは?中古車査定士が愛車をピカピカにする方法を伝授

f:id:satei_MAN:20210212222357j:plain

手洗い洗車をしたけど、どうしたら良いかわからない。
カーシャンプーの使い方やメリットがわからない。という疑問や不安があると思います。

そんな方向けの記事となっています。

現役中古車査定士を仕事にしている査定マンが手洗い洗車のコツを伝授します。
これを読んで愛車をピカピカにしてみましょう。

査定をする中で本当に汚い車をよく見かけます。
車を大事にしていない人の車を高く買い取りたいと思わないのは正直なところです。

あなたは車を大事にしていますか?

 


■手洗い洗車に必要なカーシャンプーの購入場所ついて

f:id:satei_MAN:20210212222404j:plain


オートバックスなどのカー用品店や、ホームセンターにいくと、車の洗車グッツやメンテナンス用品がたくさん販売されていると思います。

近頃は、ドン・キホーテ等やスーパーなどでもカー用品を販売されているようです。

金額はまちまちですが、安いもので300円~5,000円まで様々です。
金額の高いほうが水の弾き方(撥水)が良いものが多いのですが、

シャンプーで手洗いをした後に、ワックスや、コーティングをするのであれば、安い金額のシャンプーでも問題ないと思います。

では早速、近くの販売店へ行ってカーシャンプーを買ってみましょう!

 

自分の車の価値を調べるにはコチラから 

www.used-car.pro

 


■カーシャンプーを使用する上でのメリットとは?

f:id:satei_MAN:20210212222402j:plain
カーシャンプーを使用する上でのメリットは、車のボディに被膜が形成され、汚れがつき辛くなる点です。

車の見た目も、被膜が形成されているので太陽の光に照らされると車のボディがピカピカに光ってカッコイイ状態を保てます。 

さらに高級なカーシャンプーでは、シャンプーの中にコンパウンドという粒子が入っていて細かいキズを塞いでくれる効果もあるので、コンパウンド入りのカーシャンプーで洗車をするのもおすすめです。

人間の体と同じで、体を洗わないとベタベタで不潔ですが、石鹸やシャンプーで洗うとピカピカのいい気持ちになりますよね?

車も同じです!毎日乗るものなので、汚れを落としてあげましょう! 


■カーシャンプーを使用する上でのデメリットとは

f:id:satei_MAN:20210212222406j:plain

デメリットは地域や気候により、洗車方法が異なる。という点です。

例えば、暖かい地域や季節はシャンプーがすぐに乾燥してしまうので、常に水をかけながら洗車を行い、パネルごとに洗車をする必要があります。

これはある程度洗車に慣れていないとシャンプーが乾燥するというイメージをつけにくいと思います。

もう一つ、強いて言うならシャンプーの種類が多すぎて選ぶのに時間がかかる。

撥水シャンプー、コンパウンド入りシャンプー、中性、アルカリ性のものなど性能や金額が違うので選びにくい。という部分です。

困ったときは安い金額のものを選ぶようにしてください。

なぜならシャンプーは汚れを落とせればいいので、それ以外の効果はプラスアルファだからです。査定マンも一番安いシャンプーを愛用しています。

シャンプーの後のコーティング方法に付いてはコチラを見てみてください。
オススメのコーティング剤も紹介しています。

 

www.used-car.pro

 



■洗車後の水滴を放置するとどうなるのか 

f:id:satei_MAN:20210212222400j:plain

洗車後車に付着した水滴をそのまま放置すると、「水垢」になり、汚れがとれなくなってしまう可能性があります。

通常水滴は透明ですが、時間がたつと白い水垢になりボディにこびりついてしまいます。

時間が経過すればするほど水垢が取れなくなるので、洗車をした際は必ずタオルで水滴が残らないように拭き上げるようにしてください。

洗車後手早く水吹きをしないと、水垢になって後で取ろうと思っても取れなくなってしまう。と言うことだけを覚えておいてください。

査定マンはタオルで全部拭ききるというものも大変な作業で苦手なので、
ワイパータイプの水切り用品を使っています。これもカー用品店で販売されてます。

これを使うと窓のワイパーのように水滴を拭き上げることが可能なので、タオルでの拭き上げがずっと楽になります。

 


■まとめ

f:id:satei_MAN:20210212223113j:plain

今までのことをまとめると、

・洗車に使うシャンプーは安いもので問題ない

・水滴をきれいに拭かなければ水垢となり汚れが取れなくなる

・地域や季節によりシャンプーの乾燥速度が違うので要注意

 

いかがでしたでしょうか?
手洗い洗車も洗車機であっても必ずタオルで拭き上げはするようにしましょう。

査定マンが査定をする中で水垢が固まっている車や、ワックスの吹き残しでボディが汚くなっている車をよく見かけます。

中古車買取の観点から言うと、ボディの汚れは減点ではないですが、あまりにもひどい状態だと印象が悪いので、高い金額提示をできなくなるので注意してください。

同じ車でキレイと汚いとがあれば、キレイな方がいいですよね?

話が脱線しましたが、これから暖かくなるので、ぜひシャンプーを買って愛車を洗車してみてはいかがでしょうか?

自分の手でピカピカにすると気持ち良いですよ!!