車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

MENU

洗車機と手洗い洗車を使い10分で車をピカピカにする簡単な方法とは

 洗車機と手洗い洗車を使い10分で車をピカピカにする簡単な方法とは

f:id:satei_MAN:20210303225550j:plain

自分でできる車のメンテナンスで、最も手早く簡単にできるのが「洗車」です。
自分で洗車をすると意外と時間がかかるし拭き上げなどが大変でめんどくさいですよね?

そこで今回は「洗車機」と「手洗い洗車」のメリット・デメリットと10分で車をピカピカにする簡単な方法をお伝えします。

結論から先にいうと、「洗車機と手洗い洗車のハイブリット方法」になります。
詳細を知りたい方は目次の「10分で出来る洗車機と手洗い洗車のハイブリット方法とは?」までとんでください。

年間1,000台の中古車買取と査定を行っている現役中古車査定士の査定マン出来るかぎり分かりやすく解説します。

 


洗車機のメリットとデメリットとは?

f:id:satei_MAN:20210303225548j:plain

【メリット】
・洗車時間が早い
・コースが豊富なので合ったコースを選ぶことが可能
・通常落としにくいボディの下部も洗える

【デメリット】
・お金がかかる(300円~1,500円)
・ボディに小さなキズが付く
・待ち時間がかかる場合がある
・拭き残しが多い

一番のポイントはお金がかかる点とボディにキズが付くことですね。
最近は撥水コーティングなどをしてくれる洗車機もあるので、
お金を払ってでもすぐ車をキレイにしたい人にはおすすめです。

ボディコーティングや、ガラスコーティングをしていると剥がれる可能性があるので、
洗車機を利用する場合は注意して下さい。

査定マンは車のアンテナが飛び出しているので、毎回洗車機を通すたびに外さなくてはならないので少しめんどくさいです。

  

 

手洗い洗車のメリットとデメリットとは?

f:id:satei_MAN:20210303225545j:plain

【メリット】
・お金がかからない
・出かける必要がない
・細かいところや車内も洗車可能
・キズがつきにくい 

【デメリット】
・洗車時間が長く必要
・冬は寒い、夏は暑い
・ホースや水など外に設備が必要

 

手洗い洗車はお金がかからないけど、洗車時間が長かったり、季節に左右されます。
車を大切にしていて、少しのキズも付けたくない。という人は手洗い洗車をおすすめします。

1,000万円以上の車に乗る人はそもそも洗車機や手洗い洗車ではなくて、ガソリンスタンドやディーラーに頼む「スタッフ手洗い洗車」を2,000円~5,000円払ってお願いするのもGOODだと思います。

査定マンのお小遣いは安いから手洗い洗車なんか頼んだ事はないけど・・。
頼めるようになるまで仕事頑張らなくては・!

www.used-car.pro

 

 

10分で出来る洗車機と手洗い洗車のハイブリット方法とは?

f:id:satei_MAN:20210303225541j:plain

お待たせしました。

洗車機と手洗い洗車のハイブリット方法とはどういうことなのか?
恐らくこれだけ聞いてもピンと来る方は少ないと思います。
一言でいうと洗車機と手洗い洗車の良いとこ取りをしよう!ということです。

 

では手順を説明します。
①洗車機にかける(一番安い300円の洗いのみコース)
②洗車後吹き上げコーナーでコーティング剤をスプレーして拭き上げる
③車内もガソリンスタンドのタオルを借りて清掃
④マットなども専用の機械で洗浄(無料)
以上です。

は?何がハイブリットだよ。と思った方もいると思うので、解説します。

 

まず、①洗車機にかけますが通常手洗い洗車をすると30分はかかりますが、300円を払って洗車機にかけることで時間の短縮を行い1分~2分で洗車が完了します。

次に②吹き上げコーナーでコーティング剤をスプレーして拭き上げるということですが、洗車機を使うとどうしても以前のコーティング剤が剥がれてしまいます。
そこで、水に濡れていても使用できて光沢の出るコーティング剤を吹きかけながら拭き上げることで、コーティングをしながら細部の汚れも落とし、手洗い洗車をすることと同じ効果を発揮できます。

コーティング剤が気になる方はコチラの記事を見てみて下さい。

www.used-car.pro

③車内もガソリンスタンドのタオルを借りて清掃
④マットなども専用の機械で洗浄(無料)
上記に関してはガソリンスタンド備え付けのタオルや機械にり、洗濯物や後片付けをする必要がないので、ピカピカに出来る上に後処理もしなくて良いので言うこと有りませんよね?

洗車機の300円が惜しい。という人はこの方法はできませんが、
査定マンのと同じ、洗車機と手洗い洗車のハイブリット方法を一度やってみると病みつきで、これ以外の洗車ができなくなります。

楽チンで、ピカピカ、コーティングもできて、時間もかからず、安い。言うことないですよね?

あなたもぜひ一度試してみてはいかがでしょう?

 

 

まとめ

f:id:satei_MAN:20210303225544j:plain

・車を大切にして少しのキズも付けたくない人「手洗い洗車」

・1,000万円以上の高級車に乗っている人「スタッフ手洗い洗車」

・とにかく楽をしたい人「洗車機」

・時間もかけず安く、長くきれいな状態を保ちたい「洗車機と手洗いのハイブリット」

あたなのタイプはどれでしたか?
査定マンは断然「洗車機と手洗いのハイブリット派」です。

大切に使用している愛車だと思うので、査定マンと同じ方法をしてくれ!とは言いませんが、もしも今まで洗車をしていなかった場合は、これを機会に一度愛車をキレイにしてみませんか?
ピカピカになると気持ちもいいし、査定金額もUPしますので、晴れた日にチャレンジしてみましょう!!