車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

MENU

車のローン途中の車は売却できる?現役査定士が教える3つの売却方法

車のローン途中の車は売却できる?現役査定士が教える3つの売却方法

f:id:satei_MAN:20210325000217j:plain

車を売却したいけど、マイカーローンの途中だから車が売却できないと思っていませんか?

結論から言うとローンの支払中で残債が残っていても車の売却は可能です。

あなたの愛車の車検証を見てみて下さい。
所有者と使用者と書いてある欄があると思います。

所有者がローンを組んでいる会社名「オリコ」「ジャックス」「銀行」などの名義になっている場合は、後であげる3つの方法でしか売却をすることができません。

所有者が使用者と同じく「あなた本人」の名前になっている場合は売却方法関係なくどこにでも車を売却、買取りをしてもらっても問題ありませんので、この記事を読んでも役に立たないと思いますので、普通に売却を進めてもらってOKです。(もちろんローンは残ります)

乗り換えたい車がある場合や、金銭的な事情や、引っ越しなどの理由で自動車ローンが残っている車の買取を依頼したい。と考えたけど売れるのか分からなくて悩んでいたあなた!
年間1,000台以上の車の買取相談を受けている現役中古車査定士の査定マンがあなたの悩みを解決し、ローンの残った車の売却方法と、手続きの流れを解説します。

これを読むことでスッキリ安心できると思います。

 

 

全額支払う

1つ目のローンが残った車を売る方法は、ローンの残り金額をすべて一括で支払いをしてしまうというものです。

ローン=借りているお金 になるので全部一括で支払ってから買取店を利用したり、売却すれば万事解決です。一括で車の残債を支払えるケースは少ないかもしれませんが、ローン契約をして解約をすると違約金が取られそうだから売却できない。と思われていた方は安心して下さい。基本的に自動車のマイカーローンの場合は家の住宅ローンと違い前倒しで一括で支払ったとしても違約金がかからないケースがほとんどです。

それよりも本来毎月支払う予定だった期間のローン金利が戻ってくるので、一括で返済すると本来の残りの金額よりも少ない支払いで済むのでオススメです。

ローンを借りているので一括返済は現実的ではないですが、違約金等を気にされてた方は大丈夫なので安心して下さい。

 

 

車を購入したディーラーで売却OR乗換える

2つ目は車を購入したディーラーで売却する方法です。
ディーラー等でローンを組んだ場合はローン会社に対しディーラーが働きかけるので、
通常よりも買取をしてもらえる可能性が高くなります。

自動車ローン残債が100万円残っていて、ディーラーの買取価格が100万円であればすんなり車を売却出来ます。もしも90万円や110万円などローンの残り金額よりも少ない場合はポケットマネーから足りない金額を支払うことで解決します。また、ローンの残りよりも買取金額が高い場合はローンを支払って余ったお金は返金されます。

今説明した以上にディーラーで乗り換える場合の方がメリットが大きいので説明します。

購入したディーラーで乗り換える場合は残債が残っていても、次の新車を購入し、ローンの残っている車両をどんな金額であっても下取りに出すことが可能です。

理由として、ローンが残っている車を下取りをして残債に届かなかった場合も、残債をよりもプラスになった場合も新車購入のローン金額の調整が可能だからです。

60万円の新車を買うのに5年ローンにした場合月々1万円ですが、下取りの金額に合わせて9千円にも1万1千円にもローンの金額調整が可能ということです。

乗換の場合は確実にディーラーでの売却がお得なので検討してみて下さい。

 

中古車買取り業者に委託する

3つ目は中古車買取り業者に委託するという方法です。

どういう事かというと、「ビックモーター」「ガリバー」「ラビット」など中古車買取業者にローンの残債分を買取ってもらった金額をあなたの代わりに支払いをしてもらうということです。

通常の流れでは、中古車買取店が査定をして買取金額を提示してOKが出れば、買取金額を車の持ち主に振込みをする。というのが一般的ですよね?

ローンが残っている場合に関しては、買取金額を残債の残っているローン会社に支払いをすることが可能です。

もちろんあなたの代わりにローンの残債を支払うので「委託します」という書類が別途必要になります。それ以外にも必要な書類がありますが、後ほど説明するのでここでは飛ばします。

ディーラーと同じように買取業者が代わりに支払いをしてくれる場合も、買取金額よりもローンの残った金額が多ければポケットマネーから手出しをしなくては行けないので注意してください。

 

 

中古車をカーセンサーなどのサイトから探すときの3つのポイント - 車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

ローン中の車を売却する場合の流れと注意点

f:id:satei_MAN:20210325000219j:plain

ローンが残っている車を売る場合は「オリコ」「ジャックス」「銀行」等により少し違いはありますが、決まった手続きを踏まなくては売却することができません

まずは車検証の所有者がどこの会社になっているか調べて見ましょう。それを調べないことには前に進めません。

車検証をみて所有者がどこかわかった方は下にスクロールして読み進めて下さい。

所有者の名前が入っている会社のことを所有権を持った会社といい、あなたのローンが残った車は「所有権留保」されている車と呼ばれます。

「所有権留保」というのは使用している人はローンを払っているあなたですが、所有者はローン会社になっていてローン返済等が遅れた場合はいつでも車を売却したり、回収することが出来る状態のことです。

すこし強い言葉でお伝えしましたが、「所有者」が「使用者」よりも立場が上であるという点は覚えておいて下さい。

 

 

ローン中の車を売却する流れとは?

ローン返済中の車を売却する流れですが、

①買取店やディーラーに査定を依頼して買取金額を出してもらう
②所有権がついているローン会社に連絡をして正確な残債を聞く(残債照会)
③買取店、ディーラーに代理振り込みをする委任状を記入してもらう
④振り込み日程を決めてローン会社に連絡をする
⑤ローン残債の全額を振り込んだら「所有権解除書類」が送られる
という流れになります。

最後の「所有権解除書類」というのは名義変更に必要な書類になっています。
普通車だと、「印鑑証明書」・「委任状」・「譲渡証」
軽自動車だと、「軽自動車申請依頼書」です。

この流れを聞くと意外と簡単にローンが残っていても車が売却できてラッキーと思っているかもしれませんが、実は「所有権解除書類」を出してもらうためには本人確認のために免許証、住民票、戸籍、印鑑証明等の書類が必要になる場合があり、ローン会社によって決まりが違うので解説します。

 

 

最も重要な所有権解除の依頼方法

まずはローン会社によって「所有権解除」の依頼方法が違うので、インターネットで検索をしてください。

「オリコ 所有権解除」「ジャックス 所有権解除」「トヨタファイナンス 所有権解除」のように検索すると一番上に出てくると思います。

URLは貼っておきます。

【オリコオートローン】
オートローン完済時の所有権解除について(お客さま専用)|ローン・キャッシングのオリコ

【ジャックス】
ジャックスからのお知らせ|ジャックス

【トヨタファイナンス】
所有権解除(名義変更)のお手続きについて(トヨタの自動車クレジット)|お客さまサポート|TS CUBIC WEBサイト

【ホンダファイナンス】
お客様の場合|名義変更(所有権解除)について|よくあるご質問(FAQ)|クレジット&カーリース|Honda

【イオン】
所有権解除のご案内:よくあるご質問:イオンプロダクトファイナンス株式会社

【BMW】
所有権解除・変更について

   

ホンダファインスの例

【申込者本人の場合】
・免許証、車検証、印鑑証明書等で残債照会を行う。
ローン残債金額が出て支払いが完了すると下記

(お支払い完了)

arrow

契約者様からお問い合わせ

  • 車検証をご用意の上、契約者様ご自身(法人契約の場合は保証人様及び法人車両担当者様等)より下記お問い合わせ先にご連絡をお願いいたします。

arrow

必要な書類を契約者様のご自宅へ発送

  • 登録車の名義変更手続きに必要な弊社の書類には弊社の印鑑証明書が含まれております。印鑑証明書の有効期限は記載の発行日から3か月となりますので期限内にお手続きをお願いいたします。
  • 書類の発送は業務委託会社「登録管理ネットワーク株式会社」名となります(書類発送業務は土日祝除く平日のみとなります)。
  • 契約の状態によってはすぐに書類を発送できない場合がございます。

arrow

所定の機関で名義変更(所有権解除)のお手続き

  • 登録車は管轄の運輸支局、軽自動車(届出車)は軽自動車検査協会でのお手続きになります。
  • お手続き先で弊社の書類以外に別途お客様ご自身でご用意頂く書類がございます。詳細は運輸支局/軽自動車検査協会にお問い合わせ下さい。

【全国の陸運支局/軽自動車協会事務所リンク】

登録車のお客様はこちら(全国の陸運支局 : 国土交通省ホームページ)

軽自動車のお客様はこちら(全国の軽自動車検査協会事務所 : 軽自動車検査協会ホームページ)

※上記リンクをクリックすると各機関のホームページへ移動いたします。 

 

【ディーラーの場合】

弊社所有者名義の車両に関する所有権解除書類を交付するには、
あらかじめお客様にご同意いただいた上で、下記の必要書類をご用意いただき、弊社窓口までFAXにて申請願います。

(原本を郵送いただく必要はございません)

【必要書類】

1.対象車両の車検証

 

  • ■余白に所有権解除書類希望の旨と書類送付先・ご担当者名を記載下さい。
  • ■弊社の書類発送は、登録管理ネットワーク 株式会社 に業務委託しており、「登録管理ネットワーク」名でお届けとなります。
     登録管理ネットワーク 株式会社 http://www.tourokukanri.co.jp/
  • ■書類発送業務は土日祝を除く平日のみとなります。

 

【買取業者等の場合】

弊社所有者名義の車両に関する所有権解除書類を交付するには、
あらかじめお客様にご同意いただいた上で、下記の必要書類をご用意いただき、弊社窓口までFAXにて申請願います。

(原本を郵送いただく必要はございません)

【必要書類】

登録車でも軽自動車でも揃えていただく書類は共通です。
ご用意いただいた書類に不足がある場合、弊社書類の交付は出来ませんのでご了承下さい。

 

  • 1.対象車両の車検証
  • 2.ご契約者様の印鑑証明書 (発行後3ヶ月以内)
  • 3.委任状 (ご契約者様の実印が捺印されているもの) ※書式は問いません

 

 

  • ■本籍地欄が記載されている場合は、当該部分を黒塗りの上、ご提出願います。
  • ■車検証に記載されているお客様の住所・氏名と、印鑑証明書の住所・氏名が相違する場合 (転居・改姓等)
     上記3点に加えて、つながりがわかる書類が必要となります。
    (個人のお客様 : 住民票 ・ 戸籍謄本 ・ 運転免許証表面裏面の写し 、法人のお客様 : 履歴事項全部証明書 等)
  • 弊社の書類発送は、登録管理ネットワーク 株式会社 に業務委託しており、「登録管理ネットワーク」名でお届けとなります。
     登録管理ネットワーク 株式会社 http://www.tourokukanri.co.jp/
  • ■書類発送業務は土日祝を除く平日のみとなります。
  • ■必要書類にマイナンバー(個人番号)は不要です。マイナンバー(個人番号)の記載がない書類をご用意ください。
     万一、書類にマイナンバー(個人番号)の記載がある場合は、読取りが出来ないように黒く塗りつぶしてからの申請をお願いいたします。
  • ■有効期限内の書類につきましては、解除書類の差替えは出来かねますのでご了承ください

 いかですか?どこにローンの残債のある車を売却するかで必要な書類と手続きが変わってくることがおわかりいただけたかと思います。

これだけでも大変なのに各ローン会社により規定が違うので更に大変なんです。
手続きの手軽さも考えてどこに売却するか検討するのもありかもしれません

 

 

必ず確認すべき注意点

ローンの残っている車を売却する場合に必ず注意する点が2つあります。

・1つ目はローンの残債照会の金額は変動するという事です。

どういうことかというと、ローンはお金を借りている状態であり金利が上乗せされています。ローンの残り金額を確認する場合は確実に支払いが可能な日程を記入して残りの金額確認をしなくては正確な金額を把握することができません。

また、何かの手違いで1円でも残債の振込金額が少なかった場合はローン会社の所有権を外すことができなくなります。

残金は必ず全額返済予定日と金額を確認してから行うようにして下さい

・2つ目は信用できる中古車買取店を選ぶということです。

あなたの大切な情報を委託して任せるので個人情報の管理がきちんと行われている会社で適切に対応しているかどうかを見極めて下さい。

1つ目でも説明したとおり適当な対応をすると支払日によって金額が変わってきます。大手の中古車買い取り業者は所有権解除の手続きがめんどくさいので適当に対応する傾向にあります。

そのため大手の買取店よりも中規模な信頼できる買取店を選ぶことがGOODです。

 

 

まとめ

f:id:satei_MAN:20210325000222j:plain

・車検証の所有者を確認。自分の名前ならどこにでも売却可能
・車検証の所有者がローン会社の場合は「一括返済」「ディーラー」「買取店委託」の3パターンのみ車の売却が可能
・ローン会社によって所有権解除の手続方法が違うのでHPで検索
・残債照会の日付は要確認!金利で返済金額が変動するので注意!
・信頼できる買取店を選ぶ事が安心して売却できる近道

いかがでしょうか?
ローンが残っていても車を売却することが出来るので安心してもらえましたか?
正直思っていたよりも手続きがめんどくさいから売却を諦めた方もいると思います。

でも、車は相場があり年式が古くなるほど価値がなくなり高い金額で売却する事が難しくなってくるので、一度簡易査定で車の価値を調べて見ることをオススメします

 

車の査定を電話なしで気軽に行う方法とは?中古車査定士がお伝えします - 車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言