車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

車の下取り金額を最大限にするために、誰でも出来る交渉方法とは?

 

車の下取り金額を最大限にするために、誰でも出来る交渉方法とは?

f:id:satei_MAN:20210308225337j:plain

結論から言うと、下取り金額を最大限にするための方法は、 
・相場を知る
・値引き額を知る
・時間に余裕を持つ
この3つです。

車を乗り換える際にディーラーで車の下取り金額を提示してもらいますよね?その金額に納得していますか?もしくは金額が適正かどうか知っていますか?

これを知らない人は確実に損をしています。ディーラー言いなりで車の下取りを依頼すると10万円~多くて50万円も損している可能性があるので、この記事を読んでより下取り額を最大限にするための方法を知ってお得なカーライフを送ってください。

この記事は現役中古車査定士をしている査定マンがお伝えしますので、実際に損をしたお客様の声や、査定マンが相談に乗ったお客様の実態例も上げて説明します。

最近相談された内容ですが、ディーラーの下取り額が20万円で中古車買取業者の買取金額が30万円だったけど、ディーラーで下取りをしないと、新車値引きがつかなくなるから、10万円も下取り金額が低いのにディーラーに下取りを依頼しました。という内容でした。これだけ聞いてもおかしいですよね?意味のわからない理屈で10万円を損してます

この10万円はディーラー側は得をしているので、新車の販売+商品社(中古車)を安く買った。というだけの話になります。これを伝えてもディーラーの言いなりで下取り依頼をして損をしている人が日本で半分以上はいると思います。

査定マンとしては損をせずにディーラーも買取店も適正な価格で提示をして、中古車業界のイメージを変えていきたいと思ってます。

 

自分の車の価値を調べるにはコチラから

www.used-car.pro

相場を知る

f:id:satei_MAN:20210308225339j:plain

相場を知るとはどういうことかというと、自分の車が一体いくらの金額でで流通しているのか?というのを知る。という意味です。

いくら大切に乗っていても、走行距離が短くても流通されている車の価値が分からなければディーラーの言いなりの金額で下取りを依頼するしかなくなります。

例えば、昔からあるトヨタのプレミオに乗っていたとします。
13年も前に買ったので車の価値がないと思い、ディーラーに下取り価格1万円を提示されたとしたら金額が0円だと思っていたのに嬉しい!
とディーラーに提示された金額でお願いすると思います。これは絶対にやめた方がいいです!!

実はこのプレミオという車、海外での人気が高く、13年昔の車であっても15万円くらいの買取金額が付く車なんです。
古いから金額がつかない。と思っていてもプロに依頼をすると意外な金額が付くことがあるので注意してください。

相場を知る方法としては、ディーラー以外の買取業者に問い合わせをしてみて金額を確認する方法が良いと思います。

中古車買取店に査定問い合わせをすると、電話営業がしつこいので、WEBだけで完結する金額確認を行ってみましょう。

査定マンがオススメしているのは、しつこい電話営業がかかってこないWEBだけで完結するWEB一括査定です。これならWEBで概算買取金額が確認できるので、簡単です!

 

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

 

ここで自分の愛車の相場が分かればディーラーとの交渉や、新車の値引き交渉を有利に進めることが出来るので必ず一度はWEBで車の価値を調べてみましょう。

※車検証を準備して、走行距離もみておくとスムーズに問い合わせができます。 

www.used-car.pro

 

 値引き額を知る

f:id:satei_MAN:20210308230134j:plain

値引き額を知る。と聞いて当たり前でしょ。と思った方もいると思いますが、実は値引き額と下取り額にはカラクリがあります。

通常ディーラーは車によってMAX値引き金額が決まっています。
例えば20万円値引きが出来るとしましょう。
ディーラーの下取り金額が10万円だった場合は、20万円の値引きと10万円の下取りで合計30万円オトクになりますよね??

例えば先程の相場を知るというところで愛車の相場が20万円だということがわかり、ディーラーに伝えたとしましょう。

するとディーラーは下取り額を20万円に増額して値引き額を10万円にします。すると車の下取り額は変わったのにも関わらずオトクになる金額は総額30万円と変わっていません。どうしてでしょう?

はい。ここがディーラーのズルい部分です。下取り額と値引き額を同じにして考えることで、新車の値引きも最小限に、下取りの金額も最小限にして販売をしようとしているのです。

ではどうすればよいか?

方法は2つです。
・最初から下取りをしない、と伝えて下取り金額を入れない見積りを出してもらう。
・他のディーラーで全く同じ見積りを取得して値引き額を比べる

になります。

少し手間ですが、これも相場を知らないとディーラーしかメリットのない契約になっていて損をする可能性があるので注意して下さいね!!

  

時間に余裕を持つ

f:id:satei_MAN:20210308225334j:plain

これはそのままですが、車検前に車の乗換を検討される方が多いと思います。

そうすると納車のタイミングが車検。という日付までに全てを終わらせなくてはならず交渉ができなくなります。その結果ディーラーの言いなりで契約を交わしてしまいます。

もしくは最近はコロナの影響もあり、納車が遅れる事が多々あるので、「今契約すればいつまでに間に合います」という文句を言われて契約を先走っているケースも多くあります。

これを回避する方法は一つです。
「時間に余裕を持つ」ということです。

最低でも3ヶ月~半年前にはディーラーに行き購入の意志を伝えてください。

これくら前には進めて行かなくては、相場を調べ、値引き額を探り、交渉をする時間がなくなってしまいます。

査定マンに相談にくる人も納車日があと2週間後なんだけど、相場が知りたいので査定をしてほしい。とよく電話をかけてきますが、そこで相場を知ったとしても、ディーラーの担当者に、「他の買取店で売却する場合は値引き金額を下げます。」と言われて仕方なく下取り額が安くてもディーラーで売却をしなくてはならなくなった人が何人もいます。

少し早く動き出すだけで10万円~50万円もオトクに車が購入できる可能性があるとすれば動かないという選択肢は有りません。ぜひ早めの行動をオススメします。

 

www.used-car.pro

 

まとめ

f:id:satei_MAN:20210308225331j:plain

・愛車の相場を知るためにWEBで概算見積りをとってみる

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

・正確な値引き額を知るために、下取りなしの見積りOR他社で同条件の見積りを取る

・交渉を有利に進めるためにも時間に余裕を持ち3ヶ月~半年前には行動を起こす

 

車の乗換、新車購入、中古車購入は人生にとっても家族にとっても大きな買い物だと思います。
でも、無知な人に知識を与えずに儲けようとする悪どいディーラーや販売店、中古車買取店がいる事も事実です。無知だと対策も取ることができません。

この記事を読んだ方は大丈夫だと思いますが、ディーラーの言いなりで購入を検討されている場合は注意です!必ずこの記事を読み相場を確認して交渉を優位に進めてみてください。

あなたがオトクに車を売却、購入できる事を祈ってます。