車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

車の名義変更に必要な書類とは?中古車査定士が必要書類を解説

 車の名義変更に必要な書類とは?中古車査定士が必要書類を解説

f:id:satei_MAN:20210120231402j:plain

中古車買取をしてもらった後の名義変更に必要な書類や準備物は基本的には、
・軽自動車は認め印(シャチハタ不可、実印でなくてもOK)
・普通自動車は実印+委任状+譲渡証明書
になります。

 

あくまでも通常のケースになるので、様々なパターンで必要な書類が変わってきますのでパターン別に名義変更に必要な書類を解説していきます。

 

この記事を読んでいただくと
パターン別に名義変更に必要な書類が分かりますので、
悩むことなくスムーズな準備を立てることができて、中古車買取りを利用することができます。

 

中古車査定士として働く、私が丁寧にお伝えするので、信頼性の高い情報をお伝えします。

 

中古車買取りでどのようにすれば良いか分からず困っている、あなたの不安を解消できれば嬉しいです。

 

このページを見て名義変更に必要な書類をそろえましょう!

 

 

自分の車の価値を調べるにはコチラから

www.used-car.pro


 

全ての車両で必ず必要な書類と必ず確認すべきポイント

f:id:satei_MAN:20210120231608j:plain

 

必要な書類をそろえる前に必ず確認してほしいポイントが2つあります。

1つ目:車の所有者を調べるということです。
所有者によって準備が必要な書類が違い、間違うとめんどくさいことになるので下をみて確認してみてください。

確認方法
車検証の真ん中あたりに使用者と所有者と記載された部分がありますので、そこを見てください。所有者!!使用者じゃないです!!本当に間違いやすいので注意!
使用者はあくまでも車に乗っている人
所有者は車の権利を持っている人
になります。
間違えやすい点なので注意してください。

 

説明の中で「本人名義」という記載をしますが、
それは車検証の所有者が本人かどうか?
ということになるので、併せて覚えてもらえるとGOODです。

 

2つ目:所有者の住所がどこになっているか?
所有者が本人名義以外の場合は確認の必要はありませんが、
上記の場合で実際に居住しているところが違う場合は、今の住所に引っ越すまでに何回引っ越しをしたか思い出してみてください。
引っ越しの回数によって必要な書類が変わってくるので必ず確認してください。

 

必ず必要な書類(すべての車両で必要)
・車検証
・自賠責保険用紙(期限の残っているもの)
になります。

その他に
・リサイクル券
・納税証明書
もありますが、これらはすぐに確認が取れるのでなくても問題ありません。

今お伝えしたものは車に必ず積む必要のある書類になるので、特別に用意をしなくても大丈夫です。念のために確認をしておきましょう。

 

軽自動車で本人名義の場合

f:id:satei_MAN:20210120231611j:plain

本人名義の調べ方はもう大丈夫ですよね?
わからいない方は上記を見てもう一度調べて見てくださいね!


軽自動車で本人名義の際、名義変更に必要なもの
・車検証
・自賠責保険用紙
・申請依頼書
・認め印(シャチハタ不可、実印でなくてもOK)
になります。

 

車検証、自賠責保険用紙は車に乗っていますので、用意する必要はありません。
申請依頼書も中古車買取り業者が持っていますので、
認め印のみでOKです。
本当にそれだけ?はい。これだけです。

 

軽自動車は普通車と違い、財産と法律上はならないので、
原付きや小型バイクのように簡単に名義変更が可能です。
普通車は財産として定められていますので、
必要書類がその分多くなってきます。

 

ちなみに、軽自動車の場合は引っ越しを何回していても認め印だけで大丈夫です。
軽自動車で本人名義の場合の名義変更は簡単なので安心ですね!

 

www.used-car.pro

 

普通自動車で本人名義の場合

f:id:satei_MAN:20210120231616j:plain

普通自動車で本人名義(所有者本人)の場合に必要な名義変更書類は引っ越しの回数や結婚して名前が変わっている場合で変わってきますので、それぞれ解説していきます。

 

引っ越しがなく、車検証の住所と現在の住所が同じ

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・実印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
になります。

車検証、自賠責保険用紙は車内にあると思いますので問題ありません。
委任状、譲渡証明書に関しては中古車買取り業者が持っているので問題ありません。

 

準備頂くものとしては、
・実印(委任状と譲渡証明書に押印をするため)
・印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)
になります。実印はご自宅にあると思いますのでOKですね。

 

印鑑証明書ですが、これは市役所OR区役所にて300円程度で発行できるので、平日の9時~17時の間に行って発行してもらいましょう。

ちなみに最近ではマイナンバーカードがあればコンビニでも200円程度で発行できるようなので、利用してみても良いかもしれません。
役所よりもコンビニの方が安いというのは不思議ですが、手間もかからないのでお勧めです。

 

1回引っ越しをしている場合

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・実印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
・住民票(マイナンバーの記載のないもの)
になります。

 

追加の住民票は車検証とのつながりを示すために必要です。
住民票は区役所や市役所で発行が可能で300円程度必要になるので、印鑑証明書の発行と一緒に取得するのが楽だと思います。

窓口では車の名義変更に必要な住民票と伝えれば適切なものをだしてもらえるので伝えてみてください。

 

2回引っ越しをしている場合

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・実印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
・住民票(マイナンバーの記載のないもの)
・住民票除票

追加された住民票除票ですが、引っ越し2回分の情報が記載されますので、車検証の住所との繋がりを確認するために必ず必要な書類になります。

こちらも区役所か市役所で300円程度で交付してもらえます。

ちなみに、住民票は前回住んでいた住所のみの記載になるので、間違えないように注意が必要です。

 

3回以上引っ越しをしている場合

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・実印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
・住民票(マイナンバーの記載のないもの)
・戸籍の附表(フヒョウ)
が必要になります。

追加された戸籍の附表ですが、

区役所、市役所で発行可能です。手数料は300円程度が必要になります。

これは今までの住所がすべて記載されるため引っ越しを3回以上している人は必ず必要な書類になります。

 

結婚して姓(苗字)が変わっている場合

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・実印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
・住民票(マイナンバーの記載のないもの)
・戸籍謄本OR戸籍抄本
になります。

追加された戸籍謄本OR戸籍抄本は姓(苗字)が変わったことを記載してある書面になります。

区役所か市役所にて450円程度で発行してくれます。

注意点として、姓(苗字)が変わっていて、引っ越しをしている場合は、戸籍謄本OR戸籍諸本と併せて、住民票や住民票除票、戸籍の附表なども必要になる場合がありますので、気を付けましょう。

 

www.used-car.pro

 

 

名義がローン会社、リース会社、販売店になっている場合f:id:satei_MAN:20210120231616j:plain

名義がローン会社、リース会社、販売店の場合に必要な書類は、
・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(所有者のもの)
・委任状(所有者の会社印が押してあるもの)
・譲渡証明書(所有者の会社印が押してあるもの)
になります。

 

印鑑証明書、委任状、譲渡証明書は所有者の会社に発行してもらう必要があります。

ただしこれらを発行するために、免許証、印鑑証明書、完済証明書が必要になる場合があるので、売却を決める前に確認必要です。場合によっては売却ができない場合もあります。

注意点として、ローンやリース契約が残っている場合にはお金をすべて支払わなければ名義変更書類を発行してもらえない。という点です。

残債が残っているにも関わらず、中古車買取り業者に売却をしてローンの弁済に充てる場合は、所有者に電話にて確認をした後、査定をした中古車査定士に一度聞いてみましょう。

査定マンも相談を受ける中で、残債が残っているんだけどどうすればいい?というものが非常に多いです。

そういった場合に相談にのって解決するのも中古車査定士の仕事なので、どんどん相談してみてください。
中古車買取業者の方で買取り金額の支払いを直接ローンの完済に充てることや、リース残金に充てることもできるので、安心してください。

名義変更の手続きが大変なので嫌がる中古車買取り業者も多い現状はあります。

 

名義が会社名義になっている場合f:id:satei_MAN:20210120232926j:plain

会社の住所変更がない場合

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・会社印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
以上です。

 

基本的には個人の場合と変わりませんが、個人の印鑑ではなく「法人印」なので、注意してください。

それ以外は通常と変わりません。

 

 

会社の住所変更があった場合

・車検証
・自賠責保険用紙
・印鑑証明書(※発行から3か月以内のもの)
・会社印(※印鑑証明書と同じもの)
・委任状
・譲渡証明書
・全部事項証明書OR一部事項証明書
になります。

 

追加した全部事項証明書OR一部事項証明書ですが、

個人の引っ越しをした場合、住民票が必要になるのと同じように会社住所の履歴を確認する書類になります。

これらの書類は法務省で取得をする必要があり、手数料として約500円が必要になります。

会社の車を売却するのに、
初めての買取業者を利用することはほとんどないと思います。
参考までに記載してみました。

 

買取業者はきちんと名義変更をしてくれているのか?f:id:satei_MAN:20210120232928j:plain

 

業者によってかなり名義変更手続きに差があります。

査定マンが買取りをしたお客さんには必ず1か月以内に名義変更の処理をして変更した車検証を郵送、FAX、メールでお伝えをしています。

きちんと名義変更をしないと、余計な税金や保険料を支払うことになってしまうので、そこは気を付けてやっています。

 

ただし、中古車買取り業界では名義変更をきちんとしていない業者も変更後の通知をしない業者も多数存在します。

 

名義を変更しなかったために翌年の税金が発生してトラブルになった。という話をよく聞きます。

 

なので「名義変更をしてもらったらどうなりますか?」と聞いてみてください。

その際に「きちんとしますよ」「問題ないです」と曖昧な回答が返ってきたら要注意!

「名義変更したら通知します」と返事をしない業者でないと正直危険な可能性が高いので覚えておいてください。

 

 

www.used-car.pro

 

まとめ

中古車査定士を長くやっていると、
名義変更が大変そうだから車の売却を止めたり、
手続きを止める方が多くいます。

 

書類や準備物を間違えなければそこまで難しい問題ではないと思うので、
焦らず、一つづつ必要な書類を集めて行くようにしてください。

きっと買取りをしてくれる業者も丁寧に教えてくれると思います。