車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

MENU

エンジンオイルの粘度やグレードは中古車買取金額に影響するの?

 

 

 エンジンオイルの粘度やグレードは中古車買取金額に影響するの?

f:id:satei_MAN:20210121224444j:plain

結論から言います。
全く関係ありません。
どんなエンジンオイルを使っていても、良いグレードのエンジンオイルを
使っていても、査定金額には全く影響しません

 

でも、エンジンオイルの役割を知らないと、
査定金額に影響を及ぼす可能性があるので、
エンジンオイルの役割を理解しておくと良いと思います。

 

そもそもエンジンオイルって大切なの?

 

f:id:satei_MAN:20210124220413j:plain

エンジンオイルを交換しない状態が長く続くと、燃費が悪くなり、最悪の場合エンジンがオーバーヒートを起こしてエンジンから白煙が上がり車が動かなくなります。

 

車の故障を防ぐためにも、エンジンオイルの役割を知り正しい知識をつけましょう。

 

査定マンも実は昔高速道路でエンジンから白煙が上がり、車が動かなくなったことがあり、レッカー車を呼んで陸送をしてもらったことがあります。

 

高速道路での故障は重大な事故につながる可能性もありますし、レッカー車を呼んだことで10万円弱のお金がかかってしまいました。

査定マンの経験からエンジンオイルの大切さをお伝えします。

 

これを読んでもらうことで適切なタイミングでエンジンオイルを交換が可能になり、結果的に未然に事故や無駄な出費を抑えることに繋がります。

 

 


初心者でもできる車のメンテナンスと抑えておきたい、エンジンオイルのメンテナンス 

f:id:satei_MAN:20210124220359j:plain


エンジンオイル交換の目安としては基本的に走行距離になります。

走行距離数の目安としましては、3000kmや5000km等、車種毎に定められた、ある一定の距離数を走行すると、エンジンオイルの交換が必要になります。

昔の車だと、今みたいにデジタル表示でエンジンオイルの交換時期を知らせてくれるものではないので、自分で距離数を把握しておかなければなりませんでした。

そのために、ついうっかりして、エンジンオイルを交換してしまうことを忘れがちになってしまうことが多かったのですが、エンジンオイルの重要性を改めて知ることで、「エンジンオイルの重要性」に気付き、定期的に交換する重要性を認識することができます。 

最近購入した車であればエンジンオイルの時期を知らせてくれますので安心してください。

 

 

 

www.used-car.pro

 

エンジンオイルが悪くなるとどうなるのか? 

f:id:satei_MAN:20210124220403j:plain



エンジンオイルが悪く(古く)なってくると、様々な点で、支障をきたす恐れがあります。

エンジンオイルというのは、

人間で言う血液にあたります。

それが交換をせず放置していると、劣化してドロドロになります。

悪影響として

・燃費が悪くなる。

・ひどくなると白煙が上がる。

燃費が悪くなるとガソリン代を多く払う必要があるし、白煙が上がると環境に悪いですよね。最悪エンジンが焼き付いて動かなくなることもあります。

自分の血液だと交換というのはイメージできないかもしれませんが、

不摂生な生活を続けていたり、お酒、タバコを適量以上に摂取すると血液がどろどろになりますよね?

エンジンオイルも似たようなイメージです。

人間だといろいろな病気を発症する原因になりますが、車も同じくエンジンオイルがドロドロだと機関面に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

 

 

エンジンオイルの役割について 

f:id:satei_MAN:20210124220401j:plain



エンジンオイルは、「燃費の向上をよくするだけのもの」と思われている方が多いのですが、実はそれだけではありません。

エンジンそのものにも大きな影響を及ぼします。

 

人の体で例えると
・車のボディ→骨格
・エンジン→心臓
・エンジンオイル→血液

になります。

 
エンジンオイルの機能としては、主に「減摩」、「冷却」、「洗浄」、「緩衝」、「密封」、「防錆」になります。

それぞれを細かく説明はしませんが、
とても大事な役割であることはイメージできたかと思います。

 

自分自身でチェックしたい方は、
メンテナンスノートと呼ばれる本が車検証と一緒に挟まっておりますので、
それを見ながら、オイルゲージを確認し、オイルの粘土や色を確認してください。

 

走行距離数でキッチリ交換さしたい方は、前回のエンジンオイルのキロ数を把握しておき、運転席の分かる場所に張り付けておく方法が一般的な管理方法になります。

 

 

 

www.used-car.pro

 

まとめ

f:id:satei_MAN:20210124220408j:plain

エンジンオイルの粘度やグレードは中古車買取金額に影響しません。

下記のをきちんと対応した場合に限ります。

・必ずエンジンオイルは5,000KMOR半年で交換をする。
・管理方法はメンテンスノートOR交換時期をわかるところに貼り付けておく。 

中古車買取をしているとエンジンオイルを交換せず、エンジンから異音がする場合が多々あります。

 

もしエンジンオイルの役割を理解せずに、
エンジンから異音がしている場合は100万円で買取可能な車でも70万円でしか買取ができなくなります。場合によっては50万円まで買取価格が下る可能性もありますので、日々のメンテナンスは忘れずに行うようにしてください!

 

 

www.used-car.pro