車買取業界で働く現役中古車査定士の独り言

車買取業界で働いている現役中古車査定士のつぶやきブログです。車買取を依頼する時のポイントや裏技を発信していきます。

車検の費用はいくらかかる?ディーラと専業車検の違いとは?

 

車検の費用はいくらかかる?ディーラと専業車検の違いとは?

f:id:satei_MAN:20210501094556j:plain

車検の費用は平均で約7~15万円程度かかります。
もちろん、軽自動車OR普通車・排気量の大きさなどでも必要な費用は変わってきます。

以前ブログのコメントでそろそろ車検の時期ですが、ディーラーと専業車検でどちらに出したほうが得ですか?という質問をもらいましたので、この度解説したいと思います。

また、ディーラー車検に出すのが良いのか?車検の専門店やガソリンスタンドに車検を頼めばいいのか?という問題ですが、
・安く早く済ませたい場合は車検専門店やガソリンスタンド
・安心を求めたい方はディーラー
に車検を依頼すると良いと思います。

これ以外にも自分で整備を行って陸運局に車を持っていく、ユーザー車検(自分車検)というものもありますが、自分で整備や部品交換などのスキルが必要で、難しいので今回は説明をカットします。

年間1,000台の車買取を行っている、現役中古車査定士の査定マンが車検の費用や、ディーラー、専業車検業者の違いについて解説します。

この記事を読んで、あなたに合った車検を受けてみましょう。

車検にお金を払うのがもったいない!!
と思う人は乗換で車を検討しても良いかもしれません。
乗換を検討する場合は自分の車の価値を調べてから、乗換に望むようにしましょう!

こちらの記事から自分の愛車の金額が簡単に調べられます。
www.used-car.pro

 

車検の費用はいくらかかる?

f:id:satei_MAN:20210309224729j:plain
車検の費用は「法定費用」「車検基本料+検査料」の2つが必要となります。
「法定費用」は必ず発生する定められた金額です。

内容は・重量税・自賠責保険・印紙証紙費用になります。
軽自動車・・・・・28,840円
普通車(小型)・・39,150円(1.0トン以下)
普通車(中型)・・47,350円(1.5トン以下)
普通車(大型)・・55,550円(2.0トン以下)
※グレードや種類、車両の用途により多少金額に相違があります※
になります。

ディーラー、専業車検、ガソリンスタンド車検どこにお願いしても必ず発生する費用になりますので、これ以下の金額で車検を受けることはできません。逆にこの金額+いくら掛かるのか?という部分が重要になります。

 

「車検基本料+検査料」は検査依頼をする業者により価格が変わります。

ディーラー・・・・約5万円
専業車検業者・・・約3万円
ガソリンスタンド・約2万円
※交換部品や状態により価格は変動します。あくまで平均値※
になります。

「法定費用」「車検基本料+検査料」を足した金額が車検金額になります。そのため、軽自動車でどれだけ安くても5万円は必要になります。

車検のタイミングで車を乗り換える人が多いのは、車検費用の高いのが問題かしれません。

 

ディーラー車検の良い点と悪い点

f:id:satei_MAN:20210309224725j:plain

【良い点】

・整備士の技術と能力が高く知識が豊富
・社会人としてのマナーや礼儀が教育されている
・購入した担当者や顔見知りの整備士が対応してくれる安心感
・整備力がトップクラス
・メンテナンスノートに記録を残せるので売却時の査定がUPする
・純正のメーカー部品と交換可能

簡単にいうと一流の技術とマナー、安心感が得られる点が良い部分ですね。
車を購入した店でそのまま乗り換えるまでディーラーで点検をする人が多いのは上記の理由からだと思います。
査定マンも新車を買ったらディーラーにすべてお願いすると思います。
今は中古車に乗っているのでディーラーには出してないけど・・。

 

【悪い点】

・費用が高い
・コスト高の純正部品のみしか対応してもらえない
・時間がかかる。場合によっては1週間車を預けなくてはならない

ストが高い点と時間がかかる点が気になります。
中には代車を出してくれるディーラーもありますが、基本的には代車がないケースがほとんどです。都内に住んでいれば車がなくても困りませんが、地方に住んでいる査定マンのような田舎人には車を1週間も預けると生活ができなくなってしまいます。

コストと安心感を考えてディーラーに車検を任せるか考えてみましょう。場合によってはディーラーの担当者に電話をして見積りを出してもらってもいいかもしれません。

 

自分の車の価値を調べるにはコチラから

www.used-car.pro

 

専業車検業者の良い点と悪い点

f:id:satei_MAN:20210309224727j:plain

【良い点】

・費用が比較的安い
・互換部品や中古部品を使用可能でコストを抑えられる
・スピードが早く9割の業者が1日で車検の対応をしてくれる

一番のポイントは安くて早いという点です。
イメージとしては早い!安い!牛丼チェーンを思い浮かべてもらうと良いと思います。車検のファストフードですね。

 

【悪い点】

・整備の質が不安定(業者による)
・互換パーツなのですぐに使用できなくなる場合がある
・対応が悪く不親切な業者が多い
・メンテナンスノートに記載をしないOR記載しても売却時に効力はない

悪かろう、安かろうではないですが、業者の当たり外れが大きく、場合によっては車検を受けたばかりなのに調子が悪くなるケースもあるようです。
また、正規ディーラーではないので、メンテンスを行った記録をのこしたとしても、売却時に査定金額がUPすることはありません。

 

 

まとめ

f:id:satei_MAN:20210309224732j:plain

・お金と時間を払って安心を買いたい方はディーラーで車検を受けるべし
・早く安く車検を受けたい方は専業車検業者で車検を受けるべし(整備能力は不安あり)
・車検の金額がもったいないと思う場合は乗換も検討するべし
・ディーラーで整備を受けた場合に限り車を売却する際に査定額がUPする

査定マンも以前はディーラーで毎回車検を受けていましたが、
代車を出してくれないディーラーだったので、時間が早い専業車検業者に切り替えました。
タイミングにもよりますが、今の所いつ言っても当日には車検が終わって戻ってくるのでとても助かってます。

 

車を売却する場合はディーラー車検を受けている方が評価がUPするので、査定金額が1万円~10万円(車種による)は変わってきますが、車検を受ける費用が安い方が金額のメリットは大きいのであまり気にしなくても良いかもしれません。

 

これから車検を受けに行く人はぜひ自分に合った車検を受けてみてください。